スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
顔の色
先日公開した第36話前編で、千早の顔の色が他のアイドルに比べて濃いような気がするというコメントがあって、キャプチャした動画を比較してみたところ、アイドルによって肌の色が違うことがわかりました。

全員同じ色かと思っていたのですが、それぞれのアイドルで微妙に変えてあるんですね。細かいなあ。切り抜く際に気づけよって話ですが。

というわけで、あの千早の肌の色は私のせいではないということで一つ。
ただ、Windows Vistaのムービーメーカーでwmv形式の動画を出力すると、カラーマネージメントが適用されるせいかわかりませんが、色味が幾らか変わっているのは事実でして、そのせいで余計に濃く見えている可能性があります。

そろそろムービーメーカーとはおさらばせねばいかんかなとは思っているのですが、画像間のクロスフェードを設定するのが、VSやPEに比べてとても楽なもので……。
スポンサーサイト
思うように進まない
昨日、太閤立志伝5を買いました。
お金の稼ぎ方がよくわからなかったのですが、交易品の売り買いがわかるようになってから楽しくなりました。
次回以降の動画に、太閤立志伝5の曲やイベント画像が登場し始めるかと思います。

以上、動画作成があまり進んでいないという報告でした。
これでは駄目ですね。。。
第36話前編を公開しました


お待たせしました。

いよいよ浦上攻略に取り掛かります。半年以上かけてじっくり兵力を蓄えた上での反撃。
よく考えたら、星井家が攻撃側の野戦は、今回でようやく二度目なんですよね(多分)。
地形が難しくて、どう攻めたものか悩んでいる様子がプレイ動画から伺えるかと思います。

コメントで千早の肌の色が気になるというのがあったのですが、実は私もそれが気になっていまして、ちょっと調べてみます。

解説はまた後日。
im@s新年会


動画作成が全然進みませんw
裏番組として明日の公開を目指していましたが、やはり月曜の朝あたりになりそうです。

以下、ピックアップ。

---



心に染み入るというかなんというか、この感動を伝える言葉がうまく見つからない……。
架空taleの時にも思ったのですが、いちじょーPは元はPV系のPだったのではなかろうか。

---



ドラムマニアに収録されていた、篠原ともえによるカバーバージョンですね。
学生時代、かなりドラムマニアにはまっていたので、かなり懐かしかったり。ギタドラの曲は今でも時々聞いています。

---



サザンファンの俺歓喜w

---



初っ端から突っ込みどころが多いのですがw
私はこういうゲームは好きだけど下手です。

---



酷道系の動画とかをボーっと眺めるのが好きな私としては嬉しい動画。新年会にこういうのが見れるとは。
北海道の道路、本当に信号がないですねえ。あと、765号の位置吹いたw
はあ。。。。
なんというか、新年になっても忙しさは変わらないわけで。。。

全然アイドルの抜きが進んでいません。平日は動画作成関係のことは何もできる余裕はありません。

でも、お話は間隔を空けずに進めていきたいので、定期的に動画を公開したいわけです。次回の動画も一部のアイドルは現代の服装をしていたりするかもしれませんが、生温かい目で見ながら許していただけると助かるのですが。
第30話解説
今更ですが、30話前編と後編の解説をまとめて行います。



お話を覚えていない方のためのまとめ:
・雪歩ともみーのある日の風景
・毛利元就と宇喜多直家の会談。毛利家と浦上家の和睦
・浦上家による姫路侵攻
・砦を取られて総崩れしかけた星井家だったが、逆転勝利。頼廉が浦上宗景捕縛
・就治の独断(?)により、宗景斬首
・浦上家を望姫が継ぐ

浦上宗景の斬首における美希の行動については、少なくとも二通りの解釈ができるように作ってあります。
1)
美希は宗景を斬首しなければならないであろうことを感じとっていたが、それを面と向かっていうことができず、評定をサボってしまった。

2)
美希は就治との事前の話し合いで斬首を決定していた。しかし、評定に美希が来なかったことを利用して、就治はあたかも自分の独断として振舞った。

もちろん、いずれの場合にせよ、当主としては当然出席せねばならないでしょうが、美希の当主としての未熟さゆえに、評定から逃げてしまったというわけです。

もちろん、この戦でも数多の兵士達が命を失っているわけで、美希の振る舞いは非難を受けても仕方ありませんね。
ちなみに、堀に捧げられた花は、宗景個人へというよりは戦闘による死者全員に対するものだと考えてほしかったのですが、視聴者の視点で見るとそう捉えるのは難しかったかもしれません。
(第10話で美希が一人で墓地に来ていたことを覚えている方なら理解できるかも)

望ちゃんについてですが、意外に能力値がいい感じなんです。近いうちに亜美真美と合わせて能力値を公開します。ただ、彼女の能力を修正して底上げするかどうかは検討中です。

30話のタイトルである「その女、当主につき」というのは、美希と望の二人を意味しています。望ちゃんの場合は「その女、当主に就き」という単なる当て字みたいなものですが。
嬉しい出来事
友人がpixivでデビューしたということで、pixivに登録してみたのですが、pixivって見ていて飽きないですね。すごく上手な絵があったり、笑える絵があったり。
結局友人の絵を見つけることができず。ノーヒントで見つけ出してやろうと思ったのに……。

その代わり、嬉しいことが。
美希の天下創世をイメージした真の絵を見つけたんですよ。速やかにブックマーク。
描いて下さった方には感謝感謝。

---

かわづPのブログへのリンクを追加しました。

かわづの戯言

今後ともよろしくお願いいたします。



つーか、速いw 年末から何本うpしているというのさw
質と量をこなせるPはすごいと思いますね。
リンクを追加しました
宗滴Pのブログへのリンクを追加しました。

宗 滴 日 記

今後ともよろしくお願いいたします。


他の方のブログを見るといつも、自分のブログをいじって改善したくなるのですが、余裕がなかったり。
はうあー。
マイリストの動画紹介2
私のマイリストの中の動画をご紹介するコーナー第二回。



ATollPの作品。私が(多分)初めて出会ったiM@S洋楽コラボPV。
とても「iM@S洋楽コラボPV」らしい動画になっているところが好きです。
明日からまた仕事の日々……
アイドルの立ちグラの切抜きを行うために無印のアイマスをプレイしているわけですが、今まで気にしていなかった細かなことに気付かされます。

一例を挙げると、コミュの場所によって、キャラの立ち位置、光源の位置、光源の色、バックの効果音が違っているんですよね。以前プレイしていたときは全然気にもとめていませんでしたが、これは私が鈍感なだけでしょうか。

てなわけで、全アイドルの顔グラの大きさと色と影の位置を合わせる為には、限られたいくつかの場所でキャプチャを行うしかないのです。それで、衣装を変えた状態で発生するコミュはさらに限定されていまして……。他の架空戦記のPはどのようにしているのか、気になります。

---

天下創世の新シリーズが来ましたよ!



1580年代の東北からのスタート。この時代からのスタートはアイマスの架空戦記では珍しいですよね。そんでもって、主役はゆきまこですよ、ゆきまこ。これは見るしかないっしょ。
応援してます。

---

正月にいくつかの架空戦記を新しく視聴し始めたのですが、その中から一つご紹介。



作者はニシンP。伊織とやよいがMobile信長の野望をプレイするという設定で始まる物語。
現実世界パートとゲーム世界パートで平行して物語が進むのですが、アイドル達の掛け合いと成長、アイドルと武将のやり取りがうまく描かれていて、見ていてすごく和みます。第7話で完結するので、一気に見てしまいました。
この続きとして「春香と千早の関東編」「雪歩と真の東海北陸編」があります。
こっそりお礼とお詫び
マイリストの整理をしていたのですが……



作者は「映姫の野望」やKissm@sのshinP。実はこの動画内で「美希の天下創世」の姫路城の戦いを取り上げてもらっているのですが、ブログで取り上げそびれてしまっていました。見たときは嬉しくてすぐにマイリストに入れたのですが……あわわわ……

というわけで、今更ですがこっそりここでお詫びとお礼を。
shinP、ありがとうございました。

---

もう一つご紹介。



作者は「伊織立志伝」「アイマス野球道Girl's」の糸冬P。
戦国時代を題材にしているiM@S架空戦記の紹介動画で、この第5回において「美希の天下創世」を紹介していただいています。糸冬P、ありがとうございます。
この方は祭りの際には「篭城組」といいつつも、あれやこれやと架空戦記界の活性化に貢献されていて、私も見習いたいところです。
戦国系の架空戦記に興味がある方は、上記の第5回の作者コメから他の回に飛べますので、ご覧ください。

---

大晦日前日に、アイマスSPの発売に備えてPSPを買いました。
そんでもって、正月はこのPSPで信長の野望烈風伝を遊んでいました。
なんというかですね、これをプレイしている間、律子の野望のイメージが浮かんでばかりいましたね。

手始めに龍造寺でプレイして感覚をつかんで、その後、本命の赤松家でプレイしているところです。PC版をプレイしたことがないのですが、いくつかの国や城が削られているような気が。
現在、お隣の浦上を滅ぼして毛利と激戦中。毛利側の武将を残り4人まで減らせたので、あとは押しつぶすだけ、みたいな。主力は別所就治と赤松政秀と岡利勝だったり。

私には、アイマスや信長の野望のような、ある意味単純作業ゲー的なゲームが性に合っているようです。
第35話を公開しました


なんとか去年のうちに公開することができました。
もっと余裕をもってうpするはずだったのに……。

テストを兼ねて、動画のスタイルを色々変えています。

・画面サイズの変更
動画の元となる画像を800×600pixelで作成し、動画にエンコードする際に640×480pixelにしてうpするようにしました。(今までは512×384pixelで作ってうpしていた)
ですので、需要があれば800×600のサイズで動画を公開することも可能です。

・台詞ウィンドウのスタイルを変更
会話ウィンドウは視聴者が一番目にする部分の一つなので、できるだけ見やすいようにシンプルさを追求して、以前のようなウィンドウになっていました。今回はデザイン性も少しだけ加えてみました。

・武将の顔グラを抜いてみた
顔グラについてのアンケート結果をじっくり検討し、できるだけ沢山の人を納得させられるようにした結果があのスタイルです。
一武将あたり10~25分くらいかけて気合を入れて抜いています。
最初は、輪郭の不自然さを誤魔化すために黒く薄い輪郭線を付加したりしたのですが、かえって不自然になったのでやめました。就治だけその名残が残っています。
実は、武将は200%に拡大してから切り抜いていたりしますが、これは単純に将来を見据えてそうしてあるだけで、輪郭を綺麗にするためではないです。

・アイドルの顔グラを抜いてみた
服装もなんとかしてくれという意見もあったので、美希と千早を袴の状態で抜いてみました。他のアイドルについても現在鋭意作業中ですので、しばしお待ちを。

・フレームレート変更
10fpsから15fpsに。冒頭の導入部の文字送りや、戦闘シーンがもう少し滑らかに見えるかも。

・動画の形式を変更
VP6のflv形式からh.264のmp4に変更し、画像のビットレートも倍くらい(512kbps)にしました。高ビットレートにおいては、VP6でもh.264でもさほど変わりはないとは思うのですけれど。エコノミーへの配慮がなくて申し訳ないです。
おかげでエンコード時間が3倍以上に膨れ上がったので、今後は寝エンコによる月曜朝うpが増えるかもしれません。


何で今頃スタイル変更をしたのかというと、急に増え始めた創世組の影響が大きいですね。だってどのシリーズも出来がよくて面白いんですもの。古参の私としてはせめて見栄えだけでも見劣りしないようにせねば、と。
こういう感じで切磋琢磨していくのっていいなあ、と一人で勝手に考えていたりします。
謹賀新年
皆様、明けましておめでとうございます。
今年も頑張りますので何卒よろしくお願いいたします。

---

さて、去年の架空-taleパーティL4Uでいくつか支援動画をいただきましたのでまとめてご紹介します。(作者敬称略で動画の公開順に紹介。以前このブログでご紹介したものは除く)



第25話時点でのアイドル達の推定能力をアイドル紹介動画としてまとめてくださっています。この方は天下創世の武将ランキング動画も作成されており、「天下創世PK武将ランキング」タグから武将の各種能力値ランキングを見ることができますので、武将の能力値が気になる方はどうぞ。




作者は春閣下の鼻歌シリーズでお馴染みの、でんP。架空戦記全体の支援動画となっていて、動画中に架空戦記127作品の1シーンが登場します。うまいこと詰め込んだなーと感心しますw




作者は「アイドルたちのオウガバトル」の、ほうとうの具P。美希の誕生日記念を兼ねて、美希の登場する三つの作品の支援動画となっています。ステレオであふぅが堪能できる動画ですw




作者は、美希の天下創世のアイキャッチを作ってくださっているアイキャッチP(姫路民さん)。亜美真美による「美希の天下創世クリエイター」というすばらしい商品の通販動画です。この商品欲しいなあ……あれ、これがあれば俺いらなくね?w


作者の方には重ねて感謝いたします。今年も精一杯頑張りますよー!
もし、ここでご紹介した中から漏れている支援動画があれば、お知らせください。
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。