スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第37話を公開しました
今更の報告ではありますが……。



尺が長すぎて、予定していたデータファイルやアイキャッチは次回になってしまいました。

天下創世をプレイしたことの無い方からすると、なぜ佐竹家や島津家が?ってな感じでしょうが、天下創世の包囲網イベントはかなり適当でして、今回のように島津や佐竹も選ばれたりするわけです。
織田や河野が加わらなくて少し安心しました。敵国が密集すると援軍されまくりで邪魔なので。
毛利家は大内家の属国だったのに、勝手に包囲網に参加して三好家の属国になってしまっています。大内涙目ですね。

今回から革新の背景を一部用いています。他の戦記との差別化をはかるため、連載開始当初から背景には色々気をつかっているわけですが、画像を探したり選ぶのには苦労します。とはいえ、この作業は動画作成の楽しみの一つだったり。

その他の解説はまた後日。
スポンサーサイト
疲労も何処へやら
忙しさが今週になってさらに大変なことになってきていたりするのですが、またもや嬉しい出来事が。

動画や当ブログのコメントに誘導されてpixivを覗いてみたら、「美希の天下創世」をイメージした絵をほぼ同時期に二人の方がそれぞれ描いて公開してくださっていたんですよ。
どちらも扉絵風の絵なのですが、片方は初期メンバーのアイドル三人のみの「美希の天下創世」初期のイメージで、もう片方は現時点でのアイドル達がオールスターで描かれています。

とても素敵な絵を描いて下さったお二方、本当にありがとうございます。
これからも頑張っていきますよー。
顔グラの仕様変更を後悔する日々
今日は武将達の顔グラの抜き作業を行いました。

織田信長と松永久秀がこれまた大変でして、髪の毛がもうね……。序盤から心が折れてしまい、適当に抜いてしまいました。彼等が登場する際には、髪の毛はあまり見ないようにお願いします。
誰だよ、武士にあんな髪型を定着させた奴はー。

ところで、雨鉄砲ってどんな代物なんでしょう?
天下創世には「火縄を改良したもの」という説明があったわけですが、いまいちピンとこないというか。
第31話解説
遅れ気味ですが、解説を。



最初のシーンで織田家と足利家の戦いがちらっと描いています。
プレイ動画は省いてありますが、数時節に一回、足利家は織田家に攻め込まれていて、星井家も其の度に援軍に赴いています。
現在、足利家はじわじわと兵力を失いつつあります。少し危ないです。

朝倉家は別動画で活躍中の景紀さんが当主です。浅井や六角の武将を得てますます強くなっているようです。第36話現在でもその領土を確保し続けています。
星井家は、朝倉家の鉄砲技術を得るべく同盟を結びました。動画では足利家の仲介となっていますね。

架空taleパーティ開催中ということもあって、他の動画で活躍中の武将を登場させています。今回は筒井順慶と朝倉景紀のお二方。

一色戦ではあずささんと春香の歌合戦となりましたが、あういう展開は連載開始当初からやりたかった内容でした。今後、「美希の天下創世」では歌が合戦などで大事な役割を担うことになっていく予定です。

今更ですが天下創世を知らない方のために説明すると、あずささんは「軍神」という特技をもっていまして、近づく敵部隊の士気が下がり続けるというものです。 戦闘中は常時発動です(軍神持ちがステータス異常の場合は除く)。

あずささんは統率が低いので、なんとか春香の鼓舞で対処できたわけですが、他の軍神(謙信とか)はどうにもならない感じがしますね。とはいえ軍神持ちと真正面から戦ったことがあまりないので、どうなるかいまいちピンと来なかったり。(いつもは大量の鉄砲隊を用いて軍神を追い払ったり壊滅させたりしている)
「美希の天下創世」としてプレイする際は、真正面から戦ってみたいのですが、やばそうですね。
第36話後編を公開しました


今回のプレイ動画の裏話になりますが、野戦で二個目の砦を落とした際、砦から追い出された望姫をわざと逃がしていることに気がついた方はいるでしょうか? 赤井と花房の鉄砲隊を壊滅させるためです。

それから、攻城戦のBGMは烈風伝ではなく将星録バージョンです。同じ曲ではあるのですが、アレンジが少し違うみたいなんですよね。多分。

解説はまた後日。
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。