スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美希の天下創世と攻殻機動隊の関係
美希の天下創世では、たまに攻殻機動隊の曲を用いることがあります(美希のテーマなど)が、
実は意味があったりなかったり。

攻殻機動隊S.A.C.をご存知の方は↓をご覧ください。

【ニコニコ動画】ウチコマナ日々 from “Solid State Society”

……単に播磨つながりなだけです。すいません。
スポンサーサイト
マイリストの動画紹介3
久しぶりにマイリストの中の古い動画をご紹介。

冒険に出たくなる動画。


このシリーズの楽しみの一つは、戦闘シーンでしょうかね。
初めて見たときはかなり吹きました。
第39話を公開しました


以下、長文による解説。

はい、シリアス度が高まってきましたね。
いつもならシリアスな回でも星井家の誰かが笑いを提供してくれていたのですが、今回は誰もが真面目な雰囲気でしたね。

宇喜多直家の加入で星井家もさらに面白い組織になってきたような。
望が登場しなければ直家はただ黒い存在だったかもしれません。それはそれでアリだったのでしょうが、私個人としては今の直家の方がすごく気に入っています。

導入部の律子の台詞と文章は、MS02の律子の新曲「livE」より引用しています。中の人も言っていましたが、律子にピッタリな曲だと思います。最近のお気に入りの曲でもあります。

真はあずささんの記録を見て二つ気付いた点があるのですが、そのうち半分はコメントに正解が見受けられましたが、もう一つは何なのか。

コメントで気付かされたのですが、直家を登用した際の画面では統率が70なのに、季節間イベントでは統率が75に上がっているのです。上がり過ぎな気がするのですが、これは何が原因でしょうか?
登用時の画面では、直家の「備前守護」という役職が統率に反映されていないような気がします。それなら辻褄が一応合うのですが……。
あと、直家が浦上宗景の官位をちゃっかり引き継いでいることに気付いて少し笑ってしまいました。

今回の毛利イベント、背景は太閤5ですが、台詞に関しては天下創世のイベントをほとんどそのまま利用しています。一部台詞や発言者などを変えてありますが、その部分に重要な意味があったり。(回収できるかわかりませんが……)

「美希の天下創世」では、歴史イベントはゲーム内で発生したイベントをできるだけそのままの形で引用し、「美希の天下創世」らしく一部アレンジするだけに留めてあります。瑞気、桶狭間、今回の三本の矢のイベントなどがそうです。
これは私の才能不足天下創世らしさを表に出すためです。
プレイ動画を紙芝居にした戦記を開始するにあたって、元ゲーである天下創世でなければ織り成せない表現を色々盛り込んだ戦記にしようと考えていました。
当時はまだプレイ動画ベースの架空戦記が多く、それらとの差別化を図る意味もありました。もちろん、好きなゲームである天下創世を使って表現したいという思いもありましたが。
このあたりについては、また後日述べたいと思います。(もう殆ど語った気もしますが)

その後、プレイ動画をベースにしたタイプではなくオリジナルシナリオ重視で、ゲームはその表現手段として一部借りるだけというタイプや、まったくゲーム画面を利用しない小説のようなタイプの戦記も登場しています。架空戦記も色々な表現が増えて面白いですね。

もし、ゲームを題材にした架空戦記を作ってみたいと思うのであれば、考えているシナリオや演出がそのゲームでないと表現できないものかどうか、方向性をはっきりしておくと軸がブレなくて良いかもしれません。

その他詳細な解説はまた後日。

今回のミス:
 ・赤松政秀の台詞なのに、千早になっている箇所がある
 ・美希が「あずささん」と呼んでいる(本当は「あずさ」)
ちなみに、あずささんが美希を「様」と呼んでいるのは正しいです。美希が当主だと気付くまでは「ちゃん」付けでした。
気付くの遅すぎ3
アイマスのPVやボカロの動画で、歌詞が動画に表示されているのにコメントで歌詞をつける人がいるのは何故だろうと時々気になっていたのですが、やっと謎が解けた。
携帯等のモバイル機器から見る人の為なんですね。気付くの遅すぎ。

---

銀河英雄伝説名言録を表示するブログプラグインを見つけたのでありがたく使わせてもらうことにしました。
当ブログのトップページの右側の一番下(カウンタの下)に表示されているはずです。
銀英伝好きの方は、当ブログを訪れた際にご覧になってはいかがでしょうか。
SPはじめました
時間に余裕が少しだけ生まれたので、今頃になってようやくアイマスSPをプレイし始めました。まだ最初のFランクに上がったところまでしか進んでいませんが。

プレイの前に説明書のアイドル自己紹介文に目を通したのですが、箱マスでのアイドル達を知っているだけに、個人的に少し違和感を感じる内容でした。彼女等の奥にある部分が、初めから表に出てきているような、そんな感じ。
SPでは彼女達の性格が変わっているのか、ちょっと気になりますね。もっとプレイしてみないとわかりませんが。

当然、千早プレイです。美希もストーリーに絡んでくるっぽいので、彼女とのやりとりも楽しみです。
目が逢う瞬間などの新曲を唄いながら踊る千早が早く見たいなあ。


ちなみに、動画の方ですが、次の土日あたりに第39話をお届けできそうです。
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。