スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二年目
動画等で皆さんに二周年を祝っていただき、ありがとうございます。
二年経ってまだ物語中盤とか……素直に喜べない状況ですね。

動画的には全然区切りがついていませんが、ひとまず二年間続けることができたということで、視聴者の皆様に心より御礼申し上げます。


今でこそ毎日のように架空戦記やノベマスの動画がうpされていますが、私が連載を開始した頃は、シリーズの非常に数が少なく、動画のうpが待ち遠しいという日々を送っていました。
待っている間に色々妄想していて、気がついたら動画になっていたという次第。

天下創世とパトレイバーと銀英伝とPOWER DOLLsの4つのネタを考えて、結局形になったのがこの「美希の天下創世」です。

他のPの方々のように演出や物語の質に進化があるわけでもなく、あまりパッとしない作品ではありますが、できれば物語の終わりまでお付き合いをお願いいたします。
スポンサーサイト
第45話前編を公開しました


ほぼ二周年ともいえる動画で、アイマス分が少ない上に二人も暗殺とか、どうなんでしょうね。

皆様へのお礼は、丁度二周年記念となる日に改めてさせていただくとして、
とりあえず45話の解説を。

美希の天下創世での直家はその謀略家ぶりをまだ近隣にはそれほど知られていません。まだ1559年ですので。
この45話前後編にてその怖さを周囲に知らしめることになります。また、この45話前後編にて星井家内での地位を確立することになるでしょう。

穝所元常の暗殺については、史実をアレンジしてあります。
直家は、敵対する人間の生活習慣や趣味を調べ上げた上で暗殺を行ったとか。今回暗殺対象となった穝所元常は、男色の趣味があったらしく(戦国時代では特に珍しいわけではない)、その趣味がゆえに死んでしまうわけですが、直家には趣味を知られたくないものですね。

ちなみに今回登場した別所吉親、松田元輝、穝所元常は天下創世には登場しません。

冒頭の伊織に関する部分以外は、後編に繋がる部分が多いので、後編を見ていただかないことには色々見えてこないかと思います。
信長の野望の新作
天道の体験版、少しだけプレイしました。
天道は革新ベースなんですね。今のところ特に感想が浮かびません。

ちなみに私、革新は天下創世に比べるとそんなにプレイしていないんです。
武将の引き抜きの多さに閉口、みたいな。
引き抜き自身は別にいいのですが、登用後にすぐ今川家にホイホイ行ってしまう秀吉とか見ると、切ないです……。

---

44話補足

・真の身分
商人の山崎すぎおが真を家老と言っていますが、これは真が宿老になる直前の話だからです。

・BGM
冒頭の真美登場シーンのBGMはポポロクロイス物語の曲です。
エンディングで流れるテーマ曲で思わずしんみりした覚えが。
ガミガミ大王とかの登場人物がいい味出してましたね。今から思えば、結構シリアスなストーリーラインだったような。


あと、皆さんに重大なお知らせがあるのですが、次回の第45話にて動画内でご説明する予定です。
連載休止とかそういうのではないので、ご安心を。
ただちょっと大きなミスをやらかしてしまっただけで……。いろいろしょんぼりです。
第44話を公開しました
八月の第一週が夏季休暇だったのですが、いざ終わってみると、やろうと思っていたことの殆どを消化できていないことに愕然。



今回、時間的に長くなりそうだったので色々切り詰めたのですが、そのせいで会話や場面の切り替わりが慌しかったかも。日本語が変なところも多いし……。

いくつかのコメントで言われて気づいたのですが、確かにネタの雰囲気がいつもと違いましたね。
あと、そろそろ千早や真に活躍の場を与えたいと思っているのですが、なかなかうまくいきません。

城攻め、先が全然読めない状態でした。
最悪の状況を考慮して、軍神持ちのあずささんを連れて行ったくらいです。
元就の混乱と鉄壁には「ちょwww」と言わざるを得ません。

出雲国内の尼子残党として登場した亀井秀綱は、天下創世には登場しません。
亀井家は尼子家の一門衆みたいです。

それから、益田藤兼は動画中で毛利家の国人衆としましたが、ゲーム中では現在大内家に属しています。
今回登場した鹿介とセットで、益田さんの家臣のあの人も登場させたかったのですが、時間やネタの都合で今回は没に。
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。