スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうみてもプロの芸人


このシリーズにはいつも楽しませてもらってます。絵も好きですし。

ミンゴスと先生の組み合わせもいいけど、この二人の組み合わせも面白いですよね。
DJCD買いたくなってきた。
スポンサーサイト
漫画とか
明日は休日だー。

好きな漫画の話でもしてみましょうか。内容紹介ではなく、単純に名前を列挙するだけですけど。

・イエスタデイをうたって
連載が遅いのが難点ですが。羊のうたもいいですね。

・ドミニオン
アップルシード(続きマジ頼むよ……)とどちらを挙げるかというとこっち。
豆タンク好きなので。
そういえば、ヤンマガで攻殻機動隊S.A.Cの連載が始まりましたね。ちょっと意外でした。士郎さんの絵で見てみたいという気持ちもあったり。

・ヒミツの保健室
四コマ漫画。友人に見せても、気に入ってくれる人の割合がそんなに高くない作品です。
私はこの人の漫画はどれも好きなのですが。

他にも好きな漫画は色々あるので、今後もたまに紹介する感じで。

---



妹すげーw
後半のワールドマップが楽しいです。こういうノリも好きですね。




あらかわいい。
フォントも気になる。
ごく一部の方へ
架空戦記を作ろうと、ゲーム画面を動画としてキャプチャしてみたら、動画に音が入ってない……という方はいませんか?

ずばり、二年前の私です。

動画を作るのに貧弱だったPCを買い換えて、テスト的にキャプチャしたら音がなくて。

買ったPCのサウンドチップにサウンドミキサーが搭載されていないというのが原因で、本当に焦りました。

慌ててアマゾンでUSB接続の外付けサウンドカードを買い、一年半ほど使い続けましたねー。値段は千円前後だったと思います。安物だから、長時間連続で使うと音にノイズが乗るんですよw
今はちゃんとサウンドミキサー搭載のPCを使ってるので大丈夫なのですが。

つい最近、フリーの仮想オーディオドライバ「TiVSound」というのが登場しまして、これならサウンドミキサーを搭載していないPCでもちゃんと動画に音が入るようになるらしいです。便利ですなー。

でもこれ、XP用っぽいですね。Vistaでもちゃんと使えるのだろうか。
さてさて
ウソm@sで作った銀英伝モノの続き、結構前から一話分シナリオが出来ていてあとは素材を揃えて動画にするだけなのですが、さてさて。

実は、銀A伝Pのこちらの作品と配役が半分近くかぶっているという衝撃の事実がありまして、ここ十日ほど考えあぐねていたのです。

配役がかぶるだけならいいのですが、配役が同じということはネタがかぶる可能性もあるという点が問題なわけで。

色々考えた挙句、「作ってみるか」という結論に落ち着きました。
銀A伝P、もしネタがかぶったらごめんなさい……。

---

ここのところ、Xperiaが欲しくて仕方が無いのですが、この手のモバイル携帯は毎月の使用料が高そうですね。買ったところで使いこなせるわけでもないのですが。
第48話を公開しました


マイリストのコメントにもあるように、予定外の回となりました。
本来やる予定だった内容のほとんどは次話になります。ああ、こんなことになるなら前回の内容を後にすべきだった……。
毎回その場しのぎで話を作るからシナリオ構成もおかしくなるってもんです。

gdgdな構成はさておき、今回は動画に目立つミスがないだろうと思ってたら指摘がw
天道のPKってなんだよw しょっぱいミスです。

龍造寺に毛利の領土を横取りされてしまいましたが、あれは星井家が月山富田城・吉田郡山城の連戦で甚大な兵力を失って、身動きが取れなかったのと、私が少し余裕をこいていたのが理由です。
略奪なしの城攻めプレイは地獄ですね。略奪有りのガチプレイだと十年未満でクリア可能なので、こういう縛りプレイはものすごく新鮮ではありますが……。

律子は直家に対して仕返しのつもりであの発言(「お茶で人を~」)をしたわけですが、直家はそれがわかっているのでニヤニヤしながら余裕で受けたというところでしょうか。でもそれだけなら、他人の心理に敏い安治があのような発言をするとも思えません。
というわけで、直家は二通りの意味で楽しんでいたことになりますかね。


その他の解説は後日。
iモーション再生
私はドコモの携帯を使用しているのですが、最近ニコニコ動画モバイルでiモーションによるストリーミング再生ができるようになって、この画質が凄く良いんですよ。

今まで、携帯でよく見えない部分がある動画は、PC側でサッと見直したり、iPod Touchに移してから見たりしていたのですが、その必要が少なくなりました。
欠点は携帯のバッテリー消費が激しいのと、コメントが流れない&入力できないところでしょうか。

ちなみに、ニコニコ動画モバイルによる携帯からの通常再生では、架空戦記の会話パートが読めないだろうと思う方もいるかと思いますが、そうでもないんですよ。結構読めます。
もちろん、文字が小さすぎてモバイル機器からでは見辛い作品もあるのですが、その時は後日まとめてPCで見たり。

何でそんなにモバイルで見ることにこだわるの?って思うかもしれませんが、平日は家でニコニコする余裕がないからです。
一昨日の土曜も仕事だったし……。

このブログの文章も、土日以外は、通勤中や仕事の合間に思いついたことをiPodにメモしてメールしてたりします。
何やってんだ……。
誰得だけど……


「自作自塩」タグの意味が終盤でわかって吹いたw

去年も伯方の塩ランキング見ていたような気がする。なんでこんな誰得動画を見てしまうんだろう……。

---

現在、動画をアップロード中で、もうすぐ公開できそうです。
ミスがありませんように。
第二次ウソm@s祭り


糸冬P主催、第二次ウソm@s祭り

自分も架空戦記を作ってみたい、と思っている方は多いと思います。
この機会に、頭の中にあるネタを動画にしてみてはいかがでしょうか。

このお祭り開催のお知らせに合わせて、宗滴Pが「架空戦記のつくりかた」という内容の記事を書かれているので、参考にどうぞ。

私も動画を作る側ではありますが、こうしてみると一つの動画をうpするまでに色々な工程を経ているんだなあと思います。


ネタは浮かんでいる方は多いと思います。が、いざ作るというところで止まってしまうのかもしれません。
動画の素を用意・作成するという段階で止まるか、動画を編集・エンコードする方法を調べているうちにやる気が消えるか、そんなところでしょうか。

動画を編集・エンコードする方法を調べるのは後回しにして、とりあえず先に紙芝居画像だけでも作ってみてはどうでしょう。
動画の素となる素材を完成させることができた人なら、後のステップへと自然と進めるはず。

こんなアバウトなアドバイスは要らないかもしれませんが、
要するに、動画の完成イメージを先に思い浮かべるから理想と現実の差に挫折するわけで、先を見通さずにとりあえず手探りでもいいから、できるところから順番にやってみればいいんじゃないかなってことです。
今更、歌ってみた系を巡回していたり
最近、歌ってみた系の動画をちらほら見ていたりします。
去年はVOCALOID系の曲が一番歌われたらしいですね。

今まで、歌ってみた系の動画をあまり見たことがなかったんですよね。
特に避けていたつもりはないのですが、オリジナルのイメージを損ないそうで、無意識のうちに避けていたのかもしれません。
全然そんなこと気にする必要はなかったのですが。

歌ってみた系で一番最近見たのはこちら。



こういう両性類の人の声が私の好みど真ん中ということがわかりました。

歌ってみた系を巡回していて、自分はVOCALOID系の曲のほんの一部しか知らなかったんだなあと気付かされました。
というわけで、VOCALOID系の動画もちらほら巡回してたり。

マイリストに積む動画の多いこと多いことw
ああ、時間が星井……。

---

そういえば、天下創世って武将の仕官年数の表示がないような。
他の作品にはあったような気がするのですが。
ブログの更新
最近のブログの更新頻度の高さを不審に思う方もいるかもしれません。

気分転換にちょっとやってみようかなーと、正月休みに思いまして。

でも、今月の間だけですけどねー。

これ結構続けるのは労力が必要だということがよくわかったので。
私の文章が毎回長いのが主たる原因でしょうけど。

twitter程度で良いんじゃね?とは思いますが、あれはなんだかんだで時間泥棒な気がするのでやってないんですよ。

伝えたいことを短い文章にまとめる自信もないですし。いや、文章を端的にまとめる練習になるのかも。うーん……。
星井家の臣下系統
現在の星井家家臣団において、譜代と外様の境目ってどのへんでしょうかね。

旧赤松家家臣および一向衆が星井家に加わった辺りまででどうかなあと考えているのですが、妥当なのかどうか。この基準だと星井家家臣の三分の一くらいが譜代の臣となります。

美希の祖先の時代からずっと星井家に仕えている家系で、現在はっきりしているのは菊地家のみです。
実は如月家も星井家譜代の臣の家系なのですが……(後付の設定ですけど)、この辺については過去編で少し触れる予定です。

生放送でもお話しましたが過去編を全然描けてませんね。以前、音無衆と門番君の話をやっただけで。
うーむ、色々やりたいのですが。
あなたはS、Mどっち?
会話の中で「SかMのどっちだ?」という話になると、私は全員にMだと言われます。

しかも「どM」だと。

友人、会社の上司先輩後輩すべてですよ。男性にも女性にも言われるとか、余程ですねw

私自身はS寄りな人間のつもりだったのですが、こうも全員に言われると、違うような気がしてきた今日この頃。

私のブログの文章からはどう見えるでしょうか……。
いや、なんとなく答えはわかりますけどw

アイマスで律子をプロデュースしていると自分はMだなーと思うのですが、伊織相手だとSかなと思ったり。

伊織の罵倒もいいけれど、伊織コミュでの楽しみは彼女を困らせたり、うまいことおだてて操縦したりするところにあるのではないかなーと。
ちなみに、彼女をプロデュースすると釘宮病I型を発症するということだけは断言できます。

ゲームをプレイしていると、色々な人格が自分の中にあるんだなーと気付いたりしません?


……で、何故今回このような話を書こうとしたのか、根本的な理由を忘れてしまいました。
プレイ動画のキャプチャ
つい最近、動画のキャプチャソフトをアマレココに変えました。
以前のPCではまともに使えなかったのですが、最近になって試してみたら普通に使えたので、こちらに切り替えることに。

これまで録画に使用していたカハマルカの瞳に比べると非常に軽快です。

「美希の天下創世」の10話頃までは、録画して効果音の音ズレする部分をせっせと編集していましたが、それに比べて今は随分楽になったものです。

にもかかわらず、動画一つ完成させるのに以前より時間がかかっているのはどういうことなのかな……。
16bitの懐かしいアレ


今更ですが、懐かしかったので。

私の場合、メガドライブは本体を中古で買って、ひたすらアドバンスド大戦略とシャイニングフォース2をプレイしてました。
あと、セガの三国志ゲーもかなりハマってました。タイトルを忘れましたが。

こんな話をすると、おっさん世代であることがバレバレですね。

---

本日の生放送第五回、生主のろびそさんおよび参加してくださったかた、ありがとうございましたー。

創世系のPの方が結構いらして驚きました。えええ……ってw
戦国系戦記以外のPの方も参加してくださってましたね。

戦国系の戦記ということで、同じ戦国系の戦記に関するコメントがつくわけですが、Pご本人の前でその方の作品の話をするのは緊張するので思わずコメントを控えてしまいました。その場に居ないPの戦記に関するコメントはスッとできたのですが。
私は気が小さい上に緊張するタイプなので、こういうときは匿名でコメントできるほうが気が楽ですね……。
気持ちの整理はできたので、次回からは大丈夫なはず。

同じ理由で、ブログで他の方の動画をご紹介するのは実は毎回結構緊張してます。他のブログ持ちの方には笑われるかもしれませんがw
感情を伝えるのが苦手な上に、語彙が乏しいので尚更です。
でも、気に入ったものは紹介したいですしね。

ちなみに何度か「別所」とだけコメントがあったのは、私がコメントを打ち損じただけですのでw

そういえば今回の生放送で、動画作成に関して質問しようと思っていたことがあったのに忘れてた……。
(技術的なことではないです)

来週は生放送はお休みで、次回は二週間後の予定です。
お気をつけください。
好きな戦記の一つ


久しぶりに新作きてたー。

山川出版P
「戦国アイドルマスター」

こちらの作品は戦国系の作品の中で好きな作品の一つです。
戦国時代へタイムスリップしてしまったアイドル達がその過酷な状況の中で成長していく姿を、個々のアイドルごとにしっかりと丁寧に描いています。

確か山川出版Pはシナリオの概略を決定してから連載を始めたとかブログかどこかで読んだ気がするのですが、ニシンPが最新の戦国武将列伝で述べていたことの一部を体現している作品の一つではないでしょうか。

私の作品とほぼ同時期に連載が始まったのですが、この作品が先に始まっていたら、私なんかがPになることはなかったでしょう。間違いありません。
どなたにでもオススメできる一押しの作品です。
創世戦記の新作ですよ、新作


ふじたかP
「春風幽斎日記」

かわづPの千早創世録と入れ替わりに新しい創世戦記がきました。
創世組は今年も賑やかになりそうですねー。

畿内中心の話ということで、畿内に住んでいる私としては楽しみです。
さあどこがスタート地点でしょうか。

あと、iM@s架空戦記を見る楽しみの一つとして、アイドル達がどのような立場で登場するのかというのもあります。
初回は春香さんがあのような立場で登場しましたが、他のアイドルはどうでしょうか、こちらも気になりますね。

そういえば創世系の戦記は皆、アイドル達は現地人設定ですね。
逆に、現代にタイムスリップしてもすぐに適応できそうな武将がいずれの戦記にも一人はいるような気はしますw
百面相のあの人とか、ブロント語を話すあの人とか……w
リンクを追加しました
日吉丸Pのブログをリンクに追加いたしました。

連載の終了とブログ飽きるのどっちが早いかのチキンレース

今後ともどうぞよろしくお願いします。>日吉丸P

---

やりたいことが多いのに身動きがとれない……。
今週は土曜に仕事がありませんように……。
電車の色も無個性へ
JR西日本の電車のカラーリングが、各地方ごとに一色に統一されるとかなんとか。塗装のコスト削減だそうで。

大学の通学も会社の通勤もずっとJRを使い続けているので、少し気になる情報です。

系ごとにカラーリングに特徴があって味があったのですが、それがなくなるのは少し寂しい気がします。
まあ、最近は塗装の不要(?)なステンレス系の電車も増えてきていますし。

かつて大学生として通学していた頃、JR京都線にはオレンジと緑でカラーリングされた電車が普通or快速として走っていて、友人と「かぼちゃ」と呼んでいました。色がかぼちゃを感じさせる雰囲気だったので。
奈良線や嵯峨野線ではまだ現役で姿を見ることができます。

思いっきりローカルな話でした。
第47話後編の義輝の句について
第47話後編の義輝の台詞のいくつかは天下創世のイベントほぼそのままだったり。
私の能力不足ゆえに素朴?であっさりとしたシーンとなりましたが、どの戦記でも彼の最期は格好良く描かれているのですよ。

本題。史実での大樹公の辞世の句は以下の通り。

  五月雨は 露か涙か 不如帰 わが名をあげよ 雲の上まで

よく出来ているので予め用意してあったのかと思ったのですが、句には襲撃された季節の旬の語が含まれているので、即席なのでしょうね。

大樹公が襲撃されたのは五月雨の頃、そしてその季節の鳥の不如帰(ホトトギス)。
雲は五月雨の雨雲を想起します。

不如帰により、志半ばで命を絶たれることに対する無念さが引き立っている感じがなんとも……。
私は浅いところまでしか解釈できませんが、この手の歌に詳しい方の解釈も聞いてみたいです。


「美希の天下創世」ではこのイベントが秋に発生したため、彼の句を改変してみることに。

当初の案:
  十六夜(いざよい)は 柿か兎(と)の尾か 長尾鳥 我が名よ響け 月の側まで

丸い月の形を柿と兎の尻尾に見立てた歌。これをこねくり回して出来上がったのが今回の句。

  垂りし尾は 振り向く髪か 長尾鳥 届(とづ)けよわが名 月兎の側へ

動画に解説コメをしてくださった方がいるので、そちらを是非ご覧ください。(47話後編17:31頃~)
帝釈天と月兎の関係の解釈も加えた、非常に興味深いものになっています。感謝感謝。

蛇足ですが私の方でも一応解説を。

「振り向く」は、そのまま振り向く動作と、気持ちがこちら(義輝)へなびくという二つの意味。

長尾鳥はオナガドリともいい、秋に鳴き始めるニワトリの一種。律子も伊織も長髪なので選んだのですよ。

ところが、コメで指摘されて知ったのですが、この鳥は江戸時代からの鳥だったんですねw
全然知りませんでした。今回の失敗の一つです。
代わりとして、意味は薄れますが庭津鳥あたりでいかがでしょうか……。

でもって、ニワトリなら鳴き声が大きめかなあと思って、我が名(想いや名声etc.)を声に乗せて月と兎に届けてくれと。そんな感じです。
句の前半も後半も、律子と伊織の両方を感じることができますが、二人に対して同じ感情を込めているわけではないことがここまで付き合ってくださった視聴者の方に伝わるとよいのですが。


メタもいいところですが、「髪」は「神」(律子の中の人 or 神釘)とこっそりかけてあります。


最初に即席で考えた句:
 渋柿は 凸か眼鏡か 蒼い鳥 我が名をあげよ 月の側まで

「美希の天下創世」的にはこの程度で良かった気も。渋柿の形から凸と眼鏡を想起させるのは無理がありますがw

三日月を刀に見立てた句も考えたのですが、アイドルを絡めることができなかったので止めました。
謎がとけてすべた
昨日お話した現象ですが、名探偵が現れて颯爽と解決してくださいました。
宗滴P、レベルの高い動画を作るだけでなく謎も解けるなんて、なんという素敵な方……w

情報を提供してくださったnewtaroさんおよび解決してくださった宗滴Pのお二方、本当にありがとうございます。

説明がややこしいのでズバッと端折って簡単に順を追って説明すると、

1.天下創世の個々の武将は血筋を表す内部パラメータ(一門を示す値)を持っている
2.ユーザーが登録した武将(私が登録したアイドル達)にもこの値が割り当てられる(一定のルールに従って割り当てられる)
3.美希のこの値が、天下創世PKで新規に追加された郡宗保という武将と同じ値らしい

その結果、彼が美希の一門として登場したということのようです。要はバグではなく仕様だったと。
私の気持ちをしげぽ的に言うと、ええええええええええええ、てな感じですけれどw

さてさて、動画ではどういう扱いにしたものか。
この人の登場、時期的には次話(48話)なのですが、少し登場を先送りにして話を考えますかね……。
うちの美希に限ってそんなことはない……はず
今回で生放送も4回目。
生主のろびそさんおよび参加してくださった方、ありがとうございます。
今夜は生放送全体が重かったようですね。

参加者が増え、コメントも増えましたね。
今日は15分ほど雑談時間があったはずなのにあっという間に時間が流れ、全然コメントし足りなかった感があります。
コメントを打つ時の思考時間が長いからでしょうね……。

待機動画についての感想も打ち損ねたし、義輝の話が少し出たときにあず天の義輝格好良かったなあとコメントしたかった……とか考えていたまさにその時に宗滴Pご本人のコメントがあり、心臓が飛び出そうになりました。
宗滴P、参加してくださりありがとうございますw

その生放送にて、プレイしていておかしな出来事があったとお話ししたのですが、今回はそのおかしなことについて書いておきます。

1561年新春に、郡宗保という人が元服して星井家に仕官してきたのですが(放送中で述べた、在野から仕官してきた人とは違います)、
この人、何故か星井家の一門衆として元服してきたんです。

美希、いつの間に誰の子供を産んだのwww
うちのアイドルはこの手のスキャンダルに無縁だと思っていたのですがw
いや、美希の直接の子供と決めつけるのはまだ早いですね。

ちなみに、この人(郡宗保)の親らしき人物が星井家にいた形跡はないです。天下創世のバグ?

というわけで、これがどういう意味なのか説明できる方のコメントをお待ちしております。


タイムシフトによる過去の放送の再生では、30分を超えたロスタイム部分のコメントを見ることが出来ないんですね……残念です。

次回の放送は、1/17 22時頃~
次回は一時間(2枠)ですので、お気をつけください。
第47話後編の解説
天下創世の架空戦記の新作がきてますねー。
近日中に改めてご紹介したいと思います。

では、47話後編の解説。

>雪歩
雪歩の能力値初公開ですね。
武将説明文は、アイマスの説明書にあるアイドルの自己紹介文から転用しています。
登用するかどうか悩んでいる間にエピソードが一つ浮かんだので、解放を選びました。

ちなみにアイドルのプロフィールで春香さんだけ、体重に45kg「くらい」というあやふやな言葉がついていて、思わずニヤニヤしてしまいます。

>三好勢について
アイドルと義輝を描くのがメインだったので、その他の勢力の話を加えると冗長になると思い、カットしました。
次話で三好勢側の話も入れる予定です。

>伊織の武具
義輝から渡された大般若長光というのは国宝として現存する刀で、600貫という尋常ではないお値段です。
ゲーム内で伊織のステータスを見たらいつの間にか所有していました。統率に補正がかかる家宝です。
義輝GJ……

ちなみに、伊織の奉公衆での初任給は200文前後という設定でした。安い上にどうでもいい話ですね。

>清華家
公卿の家格の一つで、水瀬家はここに分類されます。
清華家は摂関家(摂政や関白になれる家格)に継ぐ家格で、左大臣まで上り詰めることができる家格だそうです。
歴史に詳しくないので、公卿の女性はどういう待遇になっていたのかさっぱり分かりませんが。

>星井家がもらった役職
簡単に説明すると、天下創世では、同盟中の将軍家に役職を要求するとランダムで役職がもらえます。
今回、播磨守護が出るまで要求しつづけたので、余計に六つゲットする羽目になりました。

もらった中で一番高い役職が播磨守護なので、自動的に当主の美希が播磨守護となります。
それ以外の役職は部下に与えることができます。役職は統率に補正がかかるので、美希の統率はかなり高くなっています。

>伊織を星井に寄越したのは逃がすため?
後半の台詞からもわかるように、義輝は自分が殺されることを予期していなかったのです。
おそらく、伊織は星井に支援を懇願するために自らすすんで使者となったのでしょう。
偶然とはいえ、切ないですね。

義輝の辞世の句については明日か明後日に。
第47話後編を公開しました。
明日も仕事……。
年始早々に休日出勤とか……




予想以上に編集に時間がかかり、今までで一番お粗末な出来に。
一回はチェックしたはずなのですが、眠かった記憶しかないです……。
以前にも似たような事があり、それ以降は気をつけていたのですが、結局今回もやってしまいました。

とにかくミスが多かったです。
その中でも特に恥ずかしいミスがありまして……。
「以(も)って」が「似って」になっている箇所がそれです。赤面ものです。

浅ましい言い訳をしておくと、「以って」は当然知ってたんですよ。過去の動画でも用いてますし(多分……)。
IMEをWindows標準のやつからGoogle IMEに変えたら、「もって」で変換しても候補に出てこなくなってしまって。
どんな漢字だっけ……って直接打ち込んだ結果が「似」ですよ。どちらにしても恥ずかしい話ですね。

義輝の句にも重大なミスが発覚したのですが、もはや後の祭り。

それから、最後の素材解説で伊織のアイキャッチについての説明が抜けていました。
アイキャッチはsm7044041より使用させて頂いています。

解説は明日以降へ。
第3回生放送のコメント補足
第3回生放送(1/3放送)の視聴者の方のコメントについて補足を。

>宮部さん最近出番少ない
登場人物が多くなったしわ寄せがきてしまってますね。門番(神吉頼氏)の方が出番があるってのはどうなんでしょうw
登場人物のうまい出番の用意の仕方について考えなければならないのですが……。

>やよいをだせー
ライレン乙w
現在のところ、次々回に登場を予定しております。

>星井家プレイで赤松家に従属したまま終わったことがある
ひょっとして、従属したまま天下統一ってやつでしょうか?
私は従属ENDは見たことがなんですねー。専用のエンディングが用意されているらしいのですが。
それとも、従属したまま滅亡という意味だとしたら、切ないです;;
天下創世は小大名は早めに行動しないと詰むので、慣れないと難しいゲームかもしれません。

>元就の全体混乱は苦労した?
以前プレイしていた頃は略奪・破壊を行ってから余裕をもって城攻めをしていたのですが、「美希の天下創世」ではそれを一応禁じたため、特に苦労しています。
全体混乱の凶悪さは動画でご覧の通りです。
天下創世を未プレイの方に説明すると、通常の混乱は付近にいる武将に対してしか発動させることができません。全体混乱は一部の武将のみの隠し技能です。

>八幡宮はつくった?
生放送で、現在星井家は八幡宮を開発できないとお答えしましたが、先程見たら開発できる状態でしたw
嘘ついてすいません。
47話後編の例のイベントのせいで開発できなくなったと思い込んでいたのですが。

次々回あたりに内政シーンをお見せできればと思います。


他の架空戦記の話もちょこちょこできるといいなあと思ってます。
今回の放送で日吉丸Pのアイマス戦記「秀吉」のコメントが少し出ましたが、未見の方は↓からどうぞ。
私はこのPを時間泥棒だと思っています(褒め言葉的な意味でw





生放送は現在、毎週日曜22時頃~の放送予定になっています。
今更気付いたこと
私の手元にあるアイマスのCDのいずれにも、ミキと真が二人だけで歌っている曲がないような……
どういうことなの……

というわけで、二人が歌っている曲を含むCDをご存知の方の情報をお待ちしております。

アイマス関係のCDが多すぎて、単純に私が見落としている可能性も高いのですが。
第2回生放送のコメント補足
去年もこの時期はブログの更新が多かったですね。
というわけで、少し余裕があるうちに更新。

第2回放送(昨年12/23放送)で視聴者の方のコメントを捉えきれなかったので、ここで少し補足してみます。

>速度5でのプレイ
第4話の初戦闘シーンは普通に速度5でプレイしましたが、録画がカクカクになるとは思ってなくて、編集に苦労しました。(テストプレイをしておけばよかったのでしょうが)
リセットするかどうか悩んだのですが、二度目のプレイだと初戦闘シーンの緊張感が消えそうだったので、リセットせずに強引に編集して動画にしました。まだこの頃は、リセット縛りをすると特に決めてはいなかったと思います。

>マウス連打について
私は基本的に二回ほどクリックする癖があります。
ゲームシステム的には、連打は動作にロスが発生するので無駄なだけなのですが。
私はこれで戦闘のリズムを取っている感じです、カカッって音を聞くのが癖になってますね。
三回以上連打するときは、7割くらいわざとやってます。

>軍神と呼ばれることについて
軍神というのは、動画でネタとして使われる分にははおいしいと思うのですが、
他の方の動画のコメントでその呼び名を見ると、少々肩身の狭い思いをします。

私自身、現在の技量は軍神と呼ばれるレベルには全然届いていないと考えているので、尚更です。

むしろ、創世系のPには私より上手な方が何名かいらっしゃいます。
その方々のプレイ動画をみればわかりますが、冷静に部隊の選択と命令ができています。
私はいつも必死なので、マウスの矩形ドラッグによる部隊選択をしてしまいますが、うまい方は部隊のグループ化機能とそのグループ化した部隊の選択機能を活用しています。
私は心に余裕のあるときしかその機能が使えませんし、その他無駄な動作が非常に多いです。

とはいえ、無駄が多いからこそ、攻城戦はギリギリの戦いになっているのかもしれません。
プレイする側がドキドキしているのですから、視聴者の中にはそのドキドキ感が伝わる方もいるのではないでしょうか。


最後は話が少しそれましたが、こんな感じで今後も補足していこうと思います。
第47話前編を公開しました


一ヶ月も前に公開したものを今更お知らせするのもどうかと思うのですが、簡単な解説を。

戦闘シーン、「livE」のカラオケバージョンをお送りしましたが、「livE」はとても気に入っている曲の一つです。
バックのコーラスも気に入っているので、カラオケバージョンを選択しました。

星井家の外交方は律子からあずささんへ役割が移っているようですね。まだほんの少しの描写ですが。
当然、律子は別の役割を担うことになります。

今回の支援画像はnewtaroさんの画像です。
前回のしゅりんぷPの支援画像と同じく、ご紹介が随分遅れてしまいました。
本当は、お二方には半年近く前に紹介の了承を得ていたのですよ……。
動きがトロくて申し訳ないです。
明けましておめでとうございます
大晦日は動画編集に明け暮れ、年明けは死んでましたね。

今年こそは完結を目指すぞー!
FF14をやりたいので、それまでには完結したいというだけなのですが。

ともあれ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


完結といえばこちらの作品がこの度めでたく完結を迎えました。



かわづP、本当にお疲れ様でした。

最初はシリアス系かな?と思っていたのですが、楽しさとシリアスさがうまいバランスで楽しめる作品になって、しかもそれが毎週公開されたというのですから、すごいとしかいいようがないです。

天下創世メインのシリーズでは完結一番乗りとなりましたね。
先を越されて残念な気持ちが全く無いと言うとウソになりますが、これだけの作品を完結されたのですから素直に祝うことができるというものです。

Pには心よりの感謝と敬意を表します。


ちなみに、天下創世のプレイベースというわけではないのですが、天下創世を利用した戦記はストラビンスPが既に完結させておりまして、天下創世を物語の舞台装置としてうまく利用しています。



NHKのドキュメンタリーと戦国ドラマが合わさった感じでしょうか。
私は語彙が乏しいのでうまく説明できないのですが、とにかくおすすめです。

---

今夜コミュで生放送が行われる予定です。22時あたり~
私も参加しますので、前回に引き続き、過去動画を見つつ色々な雑談などできればと思います。
(追記)放送終わりました。生主のろびそさんおよび参加してくださった方、ありがとうざいました~
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。