スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第31話解説
遅れ気味ですが、解説を。



最初のシーンで織田家と足利家の戦いがちらっと描いています。
プレイ動画は省いてありますが、数時節に一回、足利家は織田家に攻め込まれていて、星井家も其の度に援軍に赴いています。
現在、足利家はじわじわと兵力を失いつつあります。少し危ないです。

朝倉家は別動画で活躍中の景紀さんが当主です。浅井や六角の武将を得てますます強くなっているようです。第36話現在でもその領土を確保し続けています。
星井家は、朝倉家の鉄砲技術を得るべく同盟を結びました。動画では足利家の仲介となっていますね。

架空taleパーティ開催中ということもあって、他の動画で活躍中の武将を登場させています。今回は筒井順慶と朝倉景紀のお二方。

一色戦ではあずささんと春香の歌合戦となりましたが、あういう展開は連載開始当初からやりたかった内容でした。今後、「美希の天下創世」では歌が合戦などで大事な役割を担うことになっていく予定です。

今更ですが天下創世を知らない方のために説明すると、あずささんは「軍神」という特技をもっていまして、近づく敵部隊の士気が下がり続けるというものです。 戦闘中は常時発動です(軍神持ちがステータス異常の場合は除く)。

あずささんは統率が低いので、なんとか春香の鼓舞で対処できたわけですが、他の軍神(謙信とか)はどうにもならない感じがしますね。とはいえ軍神持ちと真正面から戦ったことがあまりないので、どうなるかいまいちピンと来なかったり。(いつもは大量の鉄砲隊を用いて軍神を追い払ったり壊滅させたりしている)
「美希の天下創世」としてプレイする際は、真正面から戦ってみたいのですが、やばそうですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。