スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第38話後編を公開しました


現在、斎藤家は織田家によって美濃から追いやられ、越中を拠点にしています。
やよいの世話役として左近を選んだのは、頼廉のライバルにすると面白そうだったから。
本シリーズのやよいは騙されやすいらしく、今回も何者かに騙されているようです。

今回は浦上家がメインということで、アイドル達の会話量は少なめです。
直家が望をどう見ていたのか、島村盛実を斬った後の台詞がすべてを表しているのではないでしょうか。あの台詞は私の脳内の直家が勝手に吐いたものなので、真意は私にもわかりませんが。
ちなみに、盛実を斬った際の効果音を入れ忘れてましたね。。。

今回、冒頭のやよいパートを除けばシリアスな話だったわけですが、次回から数話の間はシリアス分高めが続くことになるかと思います。

導入部はお分かりの通り、雪歩と春香です。
今回、偶然とはいえ春香関連のシナリオの道が開けたことで、次回以降に予定しているシナリオをよりうまく表現できそうです。
あとは千早に関しても何かあればもっといいのですが……。

詳細な解説は後日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です

38話後編堪能させてもらいました!
予想以上のやよいっぷりを楽しませてもらいましたwww

これから頼廉vs左近とともに
やよいと義龍、左近と光秀の掛け合いも楽しみにしてます

動画作りは無理をなさらずに
自分のペースで作ってくださいね
2009/04/01 (水) 00:35:39 | URL | その人 #XC1OFx4U[ 編集]
> その人 さん
斎藤家は朝倉・上杉・織田の三強に挟まれた状況でして、ちょっと危ない香りがしていたり。何とか頑張って欲しいものです。

今後もやよいを通して、この地域付近の近況をお伝えすることになるかと思います。
2009/04/02 (木) 23:13:53 | URL | 別所就治 #srKSI56U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。