スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22話解説
以下は22話を見た方のみどうぞ。

22話についてですが、一応適当に解説を行っておきます。
わからなかった人も多いでしょうから。

・思い出ボム
アイマスを知らない方に簡単に説明すると、アイマスではアイドルとPのイベントを思い出として溜めることができ、オーディションの際にその思い出を利用することにより、オーディションの審査員の興味を大きく掻き立てることができます。思い出の利用に失敗すると、逆に不利になるのですが。
というわけで、オーディションに使用できる思い出を、アイマスユーザーの間で「思い出ボム」と呼んでいます。
今回、思い出ボムを明確な形で使用したのは真だけですかね。

・春香
安治とのやりとり(15話)を思い出した春香は、安治が気付いたであろう「何か」に気付きます。このあたり、視聴者の方には全然わからなかったと思います。
後日発生予定のイベントで明らかになるかも。

・真
真は、吉川元春の質問から、美希が真にした質問を思い出し、美希の優しさに気づきます。
気付かなかった人は、16話の戦闘→17話の美希とのやりとり→22話を改めてご覧ください。
17話の時点で正解にたどり着いている人がいたくらい直球の内容ですし、これ以上は解説はしません。

・千早
皆さん覚えているでしょうか、第1話で千早が就治や則頼に謀反の疑いをかけたことを。
今回明らかになったように、千早自身は美希に対して仕える理由があったわけですが、他人が美希に仕える理由がよくわかっていませんでした。
しかし、律子や宮部が星井家に仕官した経緯を本人から聞き、今回の毛利隆元の質問に答える過程で、就治等の他の者達も美希と何かあったのだと気付いたわけです。

まあ、よくわからない部分は、皆さんで自由に脳内補間をしていただくのが一番いいのですが。
(逃げとも言う)

伏線回収したとか言いつつ、別のシーンで新たに2個張ってあるのですが(新宮党の件ではないです)、そのうち一つは当然のように気付いた方が2人ほどいたようで、ニヤニヤしますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。