スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第52話解説
第52話の解説を。
長いので折りたたみ。
>導入部
先頭の一文は、最近読んだばかりの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」というライトノベルのタイトルをいじっただけだったり。
「美希の天下創世」における別所安治は、ラノベの主人公的な部分と、某英雄提督的な部分の二面性を持ち合わせているという感じでしょうか。

私は雑食なので、ラノベも少し読みます。西尾維新とか。ちなみに、初めて読んだラノベはフォーチュン・クエスト。

>変なの
親衛隊の特別大将の彼についてですが、まだまだ話があります。
すでに沢山の設定とコミュが頭の中にあるのですが、それをどう抜き出して動画にしたらいいのか正直困っていたり。
現状、他の武将やアイドルについても、やりたい話が沢山あるのに殆どこなせていませんからね……。

>評定に参加させてもらっていないしげぽ
重棟は、星井家全体の評定には参加することはあるのですが、武官組・内政組の定例の評定には未だに参加させてもらっていません。

>安治の義弟
結局、淡河定範は安治の妹と婚姻を行ったみたいです。まあ普通に考えて、上司からの話を断ることはできませんよねー。
しげぽと同い年なのに、この貫禄の違いは何?w

>勝瑞城攻め
気付いた方も多いようですが、星井家に香宗我部親泰が加わりました。性格が決まっていないので、紙芝居には登場していません。
しげぽが討ち取った総大将、松永久通は久秀の息子です。
実は、麒麟児(笑)の登用・放免シーンで、カーソル芸をしていたのですが、カーソルがキャプチャされてねえでやんの!w

>千早コミュ
そろそろ千早の話をやることになるかも。今回はその前兆のみということで。

>亜美・真美
なんだかんだいっても、まだ子供ということなのでしょうか。
今回、二人は忍として色々致命的な行動をとってしまっており、小鳥さんはそれに対して釘をさしています。自戒を含む言葉で。

>久秀の報酬
今回のタイトルにもなっています。茶釜か?というコメントが多かったですが、茶釜ではありません。
長慶の前で堂々と渡しているので、渡せるものは限られそうですね。

久秀は、長慶が双子を逃がさなかった場合と逃がした場合の両方に備えていたようです。さもなければ、双子に報酬をスッと出せるはずがありません。

>薄幸の女
久秀は「近頃は……」と言っていることから、小鳥さんと久秀はとくに昔から関係があったわけではなさそう。

>本日の一枚
あの3人の愚僧の名前について、第51話の動画に解説を入れてくださった方がいます。史実での彼らに関する情報が気になる方は是非ご覧ください。

>BGM
最近BGMに関するコメントをいただくことが増えてきたような。ここ数話「BGMいいねー」と言っていただいている曲は大抵、同一人物の作曲によるものだったりします。BGMに関してはどこかでご紹介できればと思っているのですが。


……解説長すぎですね。
生放送に関する話等は明日ということで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
犯人です
愚僧の解説入れたのは私です。

ていうか私しかやらないと思いますw

1人どうしても資料が見つかりませんで・・・。
2010/05/13 (木) 21:04:02 | URL | エイバット #-[ 編集]
> エイバット さん
エイバットさんでしたかー、解説ありがとうございますw

私の動画は、城や武将の説明など行うことが殆どないので、非常に助かります。

とはいえ、彼ら3人の解説が入るのは流石に予想外でしたw
2010/05/14 (金) 23:48:24 | URL | 別所就治 #srKSI56U[ 編集]
需要がないとは思えないのでw
だって気になるでしょ
3人の素性w

最終的にはライレンが
格上にはなるんですが
それでもこの3人
内衆の有力者ですからねえ。
2010/05/16 (日) 19:15:36 | URL | エイバット #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。