スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第26話前編を公開しました


もうお分かりでしょうが、要するにこれをやるためだけにDQ3をちまちまプレイしていたわけです。今回の分とは別にもう一つ録画してあるのですが、次回のおまけにしようかどうか、すごく悩んでいます。
遊びもほどほどにしないとねえ?

話が進むペースは昔とさほど変わっていないのですが、プレイ動画パートが増えているので、冗長に感じますね。昔みたいにざっくり削る勢いがないといけないのかも。

坊主の件ですが、予想外の流れで加入してきたので、あのようなお話にしてみました。やよいタンの就職先が決まったらしいので、店仕舞した話を絡めてあります。

最後に、7/19が誕生日だったあずささんと、7/6が誕生日だった高木社長、遅ればせながら、誕生日おめでとうございます。
あずささんは私より年下なのに「さん」をつけてしまいます。何故なんでしょうかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うpお疲れ様でした。

オマケはあずさ関連だと勝手に思い込んでいたので肩透かし食らったようですw

DQパートは「みきはにっこりほほえんだ!」だけの為にやってませんでしたかw
個人的な意見としてはやるなら今のうちーって気もしますが。撮影まで済んじゃってるみたいですしね。

プレイ動画パートはそんなに気になりませんけどねー。
自分が天下創世未プレイだからかもしれませんけど…。
2008/07/22 (火) 02:08:39 | URL | 名茄子 #wtPQFhwM[ 編集]
更新お疲れ様です。

作品の魅力は架空戦記シリーズごとに様々ですが、本作品は「大河ドラマ」と評価されるほどに人物描写や世界観を真面目に作り上げてきたので、カオスの方向性は止めた方が良いと思います。笑いを入れる場合も、世界観に沿ったものが望ましいです。

19話前半で動画が荒れた時に似たようなコメントをしていますが、一度決めたキャラクター設定や世界観から著しく逸脱した展開は、荒れる元です。作品の質を落とすので、避けた方が良いと思います。

それに、DQ動画をもう一度やっても、インパクトに欠けます。

プレイ動画パートはあっても良いと思いますが、紙芝居とプレイ動画で同じことを二度説明されると確かに冗長になりますね。厳密なプレイ結果を求めている人はいないと思うので、紙芝居で説明できるものは、無理にプレイ動画を見せなくても良いと思います。
2008/07/22 (火) 20:09:04 | URL | ミテマスヨー #fuAZVl.Q[ 編集]
>名茄子 さん
あずささんの関係の外伝話については、コンセプトしか浮かんでなくて、見送りました。
多分その前に、伊織の外伝話をやる可能性が高いです。

DQパート、本当は「みきはまことのおしりをさわった。」が出るまで頑張ろうかと思ったのですが、面倒なので諦めました。

>ミテマスヨー さん
いつも貴重なご意見ありがとうございます。

美希の天下創世は緩い時は緩く、真面目なときは真面目にというのが基本方針です。
できれば今回のような緩い回は笑って受け流すぐらいの気持ちで見ていただけると助かります。

とはいえ、今回は脱線しすぎた感はありますので、そのあたりについては少し反省しています。

プレイ動画パートに関してはご指摘通り、見直すべきだと考えています。方針については後日ブログのエントリで皆さんに確認をとるかと思いますので、そのときにはまたご意見お願いします。

もし、私が今後もふらふら脱線しそうになったら、指摘・叱咤してくださると助かります。視聴者の方の意見がないと、暗闇を進んでいるようなものですから。
……って人を頼ってばかりじゃいけませんね。
もっと色々厳しく指摘してもらえるように、そして、期待に沿えるよう頑張ります。
2008/07/22 (火) 23:23:42 | URL | 別所就治 #srKSI56U[ 編集]
26話を拝見いたしました。
私は事前にブログを見ていましたので、DQ3が出てきて「おお!」と喜んでいました。
美希が「遊び人」だったことも、先の覚)ryの話題とも繋がっている気がして、個人的には楽しめました。
確かに、特にブログを見ていない視聴者にとっては、唐突な感はあったのかもしれません。しかし、別所Pのその遊び心、私は嫌いではないです。これからも応援しますので、頑張ってください!

「さん」づけは、してしまいますよねw
どうしても「アイマスのPとしての自分」という立ち位置になってしまうからだと思います。
2008/07/23 (水) 20:31:00 | URL | 昌幸 #9IDsznHU[ 編集]
あ、DQ動画を不快に感じたわけではないですよ。戦国の時代劇には合わないなぁと思った次第です。最初はインパクトが強いので笑いが先に来ますが、二度目以降は違和感の方が強くなるのではないでしょうか。

基本的に美希の天下創世は緩いですよね。(^_^;) ですから、色々お遊びを入れるのは問題ないと思います。注意が必要なのはお遊びの方向性で、「美希の天下創世」の世界観から逸脱しないことですね。

例えば、美希のお忍び旅行、ノミンゴス、ライレンのロリコン設定はお遊びとも言えますが、「美希の天下創世」内の出来事ですし、カーソル芸はプレイ動画内に閉じています。こういったお遊びは構わないかと。

一方で、DQ動画は「美希の天下創世」の世界観とは異なるので、物語とは切り分けた方が良いと思います。例えば「番外編」として個別に見せるとか。
2008/07/23 (水) 22:55:25 | URL | ミテマスヨー #fuAZVl.Q[ 編集]
>昌幸 さん
唐突感、なるほど。そういうのはあるかもしれません。
そういう意味でも、ミテマスヨーさんが言うとおり、番外的に取り扱ったほうがよかったのかも。

「アイマスPとしての自分」
確かに、Pがアイドルを呼ぶ際の呼び方が自分の中で定着していますねー。

>ミテマスヨー
言われてみれば、番外編かおまけにするという手がありましたね。頼廉の件をおまけで考えていたので、考慮していませんでした。

ええ、基本は緩いです。「美希」の天下創世なもので。アイマス本編の美希はたまにもっとすごいゆとりっぷりを見せてくれたりしますが。

ここまで見てきてくださった方ならわかっていただけると思いますが、シリアスな話もとても好きです。でも、そうそう良い話が浮かばないのが難しいところです。作者の力量の問題といえば言い訳になるのでしょうかね。
そういう理由から、プレイ結果にも非常に左右されます。
2008/07/24 (木) 00:10:07 | URL | 別所就治 #srKSI56U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2008 別所家の縁側にて all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。